UA-112776706-1

頚椎捻挫型

頸椎の周りの筋肉や靭帯など軟部組織の損傷で最も多くみられるものであり、むちうち症全体の7~8割を占めると言われており首や肩の運動制限、頚部前屈位での疼痛憎悪などが症状です。

powered by crayon(クレヨン)