UA-112776706-1

産後の骨盤調整

出産を経験した多くの女性は、体型が変化してしまったと実感しています。お尻が大きくなったり下腹がポッコリでてしまったり、妊娠前に履けていたジーンズが入らなくなったなどさまざまな悩みが発生してしまいます。また、産後に便秘症になったり尿漏れが起きたりしてしまう方もいらっしゃるでしょう。

産後は、骨盤が大きく開いてしまうため歪みが生じやすく体形や臓器にも影響してしまうことが大きな原因です。産後の体形崩れやさまざまなトラブルを防ぐためには、骨盤をきちんと治すことが大切です。

骨盤が開くとどうなるのか

では、骨盤が開くことでどういった影響が身体に起こるのか。

妊娠出産で骨盤が開くのは当たり前ですし、骨盤が開くこと自体は特に体には何の影響もありません。

実際骨盤は妊娠や出産をしなくても開きますし、呼吸に合わせて開閉するものです。

問題なのは、「開いたまま放置してしまうこと」なのです。

骨盤が開きっぱなしになることで以下のような影響が身体には起こります。

産後は骨盤を整えるチャンス

出産を経験した女性の骨盤は、靭帯が緩んで不安定な状態になります。そのため、そのまま放置しておくと歪みがそのままの状態で固定されてしまうため、産後に体形が崩れたりトラブルが起きやすくなったりしてしまうのです。

しかし、骨盤が緩んでしまうということは今まで抱えていた骨盤のさまざまなトラブルも、出産を機に改善することができるということです。

出産ほど骨盤が大きく動くことはありませんので、これをチャンスと捉えて妊娠前より良い骨盤の状態に整えていくようにしましょう。

出産で骨盤が開く理由

産後に骨盤を治す必要があるのは、出産により骨盤が大きく歪みやすくなるからです。妊娠すると、妊娠3ヶ月を過ぎたころから、「リラキシン」というホルモンが卵巣から分泌されるようになります。

リラキシンは、関節を緩める作用があるため、少しずつ骨盤周辺の関節や靭帯を緩めて骨盤の締まりを広げていくようになります。骨盤の関節や靭帯が緩められることから、腰痛が悪化したりする方もいるでしょう。

リラキシンは出産後数日の間も分泌されることがあるため、しばらくの間は骨盤がグラグラで不安定な状態が続くようになるのです。

分娩による骨盤の開き

産後に骨盤を整える必要があるのは、分娩により骨盤が大きく開くからです。自然分娩の場合、赤ちゃんは産道を通って外に出てきますが、赤ちゃんの頭の直径は約10センチもあるため、骨盤が大きく開かなければ出てくることはできないのです。

自然分娩で出産した後、自然に骨盤の開きは少しずつ元に戻っていきますが、しっかりサポートしなければ骨盤が開いたままの状態になってしまい、体形やトラブルに影響してしまうでしょう。

産後の過ごし方による歪み

産後に骨盤を治す必要があるのは、産後の過ごし方が良くなかったことも関係してきます。出産してから1ヶ月くらいの間は、安静にすることが基本となっています。

しかし、身体がもう動くからと産後間もないうちから家事や育児をフルパワーで行ってしまうと、身体の回復が遅れ内臓下垂が起きて骨盤が閉まらなくなってしまうようになるのです。

産後は安静期間が必須

出産に向けて大きくなった子宮が元の大きさに戻るのには、約3週間~1ヶ月ほどの時間が必要だと言われています。子宮が元の大きさに戻るということは、大きくなっていた子宮に圧迫されたり押し上げられていたりした臓器も、元の位置に戻っていくということです。

ところが、産後安静にしていないことで骨盤が閉じないうちに重力の影響で子宮や内臓が下がっていき、骨盤の中に入り込むようになってしまいます。骨盤の中に臓器が入り込むと、骨盤が閉まりにくくなり歪みがそのまま定着しやすいので、産後は安静に過ごすようにしましょう。

横になる時間を多めに

産後は、骨盤を治すためにも安静にすることが大切です。安静というのは起きて活動している時間より布団やベッドに横になっている時間が多いということです。家事は家族に任せて、赤ちゃんのお世話やトイレなど必要なとき以外はできるだけ横になるようにしましょう。

内臓が重力を受けないことで、内臓下垂を防ぎ骨盤が開いたままの状態になることを防いでくれます。起きている時間が長いほど、内臓下垂も起きやすくなることを、しっかり頭の中にインプットしておくようにしてください。

早すぎるベルトはNG

妊娠や出産、そして産後の状態により骨盤はあっという間に歪んでしまいます。そのため、歪みをできるだけ早く取り除きたいと、出産した直後から骨盤矯正のベルトをまいたり、サポーターをはめたりする方もいらっしゃいますが、時期としては早すぎると言えるでしょう。

産後3週間~1ヶ月の間は安静にすることが大切ですが、これは子宮が小さくなっていく期間や、悪露が落ち着く期間、出産の体力が回復する期間として必要とされています。

この時期から骨盤矯正のベルトをまいてしまうと、悪露が出にくくなってしまったり内臓下垂を促進させたりしてしまうこともあるので、産後1ヶ月を過ぎてから骨盤を治すベルトやエクササイズをスタートするようにしましょう。

骨盤を治す時期について

妊娠や出産、産後の過ごし方により骨盤は歪みやすくなってしまいますが、きちんとサポートすれば治すことも可能です。では、具体的にいつから骨盤を治し始めるのが良いのでしょうか。

産後2ヶ月から開始しましょう

骨盤を治し始めるのに理想的なのは、産後2ヶ月くらいからの時期です。この頃になると悪露の量も落ち着いてきますし、少し赤ちゃんとの生活にも慣れてきているため、自分の身体にも意識を向けやすくなります。

ただ、悪露や身体の状態の回復には個人差がありますので、様子を見ながら少しずつ身体を動かしていくようにしてください。

産後6ヶ月までに行いましよう

骨盤を治し始める期間は、早すぎても良くないですが、遅すぎても良くありません。産後の時間が経つにつれてどんどん骨盤が動いて安定しようとしてくるため、遅すぎると骨盤の歪みを直しにくくなるからです。

骨盤を治す期間としては、産後6ヶ月までに行うようにしましょう。産後2ヶ月から骨盤を治し始め、産後6ヶ月までにある程度整っているのが理想的です。

骨盤の歪みが取れた状態で骨盤が安定すれば、妊娠前より良い状態にすることができますので、この期間を逃さないようにしましょう。

powered by crayon(クレヨン)