UA-112776706-1

O脚ガニ股との違い

O脚とガニマタの見分け方のポイントは、
膝が内側と外側のどちらを向いているのかによって決まります。

O脚の場合は膝頭が内側に向いている状態で、
大腿骨が内側にねじれることで骨盤が開いてくるのでお尻が大きく見えてしまいます。
いっぽうでガニマタはこれとは逆に大腿骨が外側にねじれるので、骨盤が閉じがちになりお尻も小さめに見えます。

どちらも大腿骨のねじれが原因というのは同じですが、そのねじれの向きが違うのです。

一度両足をそろえて真っ直ぐ立ってから、膝がどちら側に向いているのかよく確かめてみてください。

ガニマタはどちらかというと男性のほうに多い傾向があります。
不良が威嚇しながら歩くときに、脚をわざと外側に開いて歩くイメージです。

O脚とガニマタでは改善方法も異なってきます。
O脚は関節の歪みが問題になりますが、ガニマタだと大腿骨や股関節が変形している可能性が考えられます。
無理に矯正をかけると痛みがでる恐れがあるので注意しましょう。

powered by crayon(クレヨン)