UA-112776706-1

XO脚とは

O脚にも膝がくっつくタイプがありますが、この状態で膝から下が外側に湾曲している状態をXO脚と呼びます。

内転筋の内側へ締める力が腓骨小頭部のねじれのストレスに勝ると、大腿骨骨頭部が骨盤からずれていってしまいます。
分かりやすいイメージだと、膝から上が内股で膝から下が外側に反っている状態です。

XO脚を放置すると、変形性股関節症や膝関節症になりやすいので、
O脚と同様に早めに解消しておくのが望ましいです。

XO脚は血行やリンパの流れを阻害するため、むくみや冷えの原因にもなります。
代謝が悪くなると脚が太くなり、股関節が外側へ張り出すことでお尻がぺったりして見た目にもよくありません。

powered by crayon(クレヨン)