UA-112776706-1

O脚・X脚

O脚は脚に負担をかける悪い生活習慣が積み重なった結果です。先天性のものではなく、いつもの姿勢や生活習慣を変えるだけでも十分改善が見込めるのです。「遺伝だから仕方がない」と、諦めないでください。
日本人の約9割がこのようなO脚の悩みを持っているといわれています。
O脚になると見た目に良くないだけではなく、健康面でも様々な悪影響が出てきます。
姿勢が悪くなったり、年をとると足腰の痛みがつらくなり、浮腫み、変形性膝関節症の原因にもなります。

あなたはどのタイプ?

O脚

足を閉じているつもりなのに両膝が開いてしまう状態。
外側にアーチを描いて、アルファベットの「O(オー)」のような形に見える脚。

X脚

O脚とは違い、膝はくっつくけど、足先が離れてしまう状態。
膝の部分を中心に、アルファベットの「X(エックス)」のような形に見える脚。

XO脚

両膝、足先はくっつくものの、膝から下が大きく離れてしまう状態。
両膝の部分がアルファベットの「X(エックス)」、膝から下の部分がアルファベットの「O(オー)」に見える脚。

ガニ股との違い

O脚とガニ股では膝の方向が違います。
どちらも脚がOの字に湾曲しているので、非常に勘違いしやすいです。

O脚・X脚の原因

O脚の原因はひとつとは限らず、様々な要因が複合している場合が多いです。
・運動不足による筋肉の緩み
・立ち姿勢・歩き方・座り方
・遺伝によるもの
・肥満によるもの
・乳幼児期の歩行訓練
など様々な原因が考えられます。

ただ、主な原因は、一般的に骨盤の開き、歪みにあるとされています。

O脚・X脚・XO脚は全て内股

O脚・X脚・XO脚は全て内股です、その仕組みについてさらに説明をしたいと思います。

powered by crayon(クレヨン)