UA-112776706-1

膝の痛み

最近段差がツライ、動かすたび痛い?

膝の痛みの症例

膝の痛みは変形性膝関節症、膝蓋腱炎(ジャンパー膝)、大腿膝蓋関節症、膝蓋軟骨骨化症、オスグッド・シュラッター病(成長痛)、関節水腫、半月板損傷、痛風や関節リウマチ、タナ障害、ベーカー膿腫、鵞足炎など様々ですが、ここでは40代以降に多い膝の痛みを紹介したいと思います。、

40代以降に多い膝の痛み

あなたは膝が痛い時どう対応していますか?
興味がある方はぜひ下の話をごらん下さい。

膝の痛みの原因

膝関節自体の問題以外に日頃の動きや姿勢も原因です。
加齢が原因の軟骨のすり減りや、スポーツによる怪我、体重の増加によるひざへの負担、日常生活での良くない姿勢、動作による膝の酷使が原因で、膝関節や膝関節周辺の靭帯・筋肉に痛みが出ます。

膝痛が改善しない・悪化する理由

膝痛は早めの対応が大事です。
あまり知られていないのですが、膝の軟骨、半月板の中には痛みを感じる神経自体通っていません。
そのため、実は人体の構造上「半月板がすり減るだけでは痛みを感じない」のです。半月板、軟骨がすり減ることで、膝関節が変形し、周辺の筋肉や靭帯が動きづらい状態になり、その状態を放っておくと筋肉・靭帯が緊張や炎症を起して、そこから痛みが発生します。
しかし、最初に膝の痛みに気付いたときには、軽い痛みや特定の動作をしたときだけに痛みがくるという場合が多く、まだ大丈夫だろうと思って、何もせず、膝の痛みを放置します。その放置が続くと膝の関節の状態がどんどん悪化して、ついに膝の関節の変形が極限に到達した時、動かすたびに膝が痛むようになります。

施術方法

まず、土台である身体の中心である骨盤を整えます。
骨盤、股・膝・足関節を中心とした身体に全体の歪みをを整えることにより、筋肉の緊張状態を和らげ、痛みの出にくい身体を作っていきます。
また、ご自宅でできるセルフケアのアドバイスもさせていただきます。

以上の事より
膝の痛みは軽い時からケアしていく事が大変大事です。
痛みが出始めたら、ぜひ当院へ来てみてください。

powered by crayon(クレヨン)