UA-112776706-1

四十肩・五十肩

最近腕が挙がらなくなった?五十肩がなかなか治らない?

四十肩・五十肩とは

肩関節周辺の組織に変性が起こり、生じた炎症によって痛みが起こる「肩関節周囲炎」のことです。40代以降に発症することが多く、一般的に四十肩・五十肩といいます。突然痛みが発生する急性期と、肩の動きが制限される慢性期、少しずつ肩が動かせるようになる回復期があります。半年から1年半ほどで自然に痛みが軽くなる肩がほとんどですが、痛みはとれても肩の可動域が少なくなってしまったという方が多く見られます。

急性期(およそ2週間から1ヶ月)

突然腕を動かしたときに肩に激痛が走るというのが、四十肩・五十肩の典型的な発症パターン。
この時期は夜に寝返りを打つだけで痛みを生じる「夜間痛」や、肩を動かす際に二の腕や手先にも痛みや痺れが伝わる場合もあります。こういった急激な痛みは数日間で治るのが一般的ですが、無理は禁物!安静が第一の大切な時期です。

慢性期(半年から1年)

急性期の痛みが治まってくると、鈍い痛みへと変わり、肩が上がり難くなるなど可動域がだんだんと狭くなってきます(肩関節拘縮)。これは急性期に起きた炎症の影響で、筋肉が委縮して固くなっているから。着替えや洗髪が上手くできないなどの日常生活に支障をきたす時期でもあります。慢性期は半年から1年続くこともあり、痛みを感じない程度の適度なストレッチも有効です。しかし、痛みが減ったからと言って無理をすると、痛みがぶり返すことがあるので要注意です。

回復期

肩関節拘縮(かたかんせつこうしゅく)が改善してきて、少しずつ腕が動かせるようになる大切な時期。痛みはほとんどありません。しかし、人によってはこの時期になっても「肩の動きが非常に悪い」という方もみえます。

施術内容

急性期の場合は、無理なストレッチをすると炎症が強くなったり痛みが強くなりますので、肩は触りません。
肩の動きは肩周りだけで行っているものではなく、胸や背中、腰など、上半身や下半身の筋肉までもが連動しています。
例えば、腕を前から上げる動作では、長袖の裾が、肩に向かって引っ張られるように動くと思います。このように、肩の動きは指先までの筋肉が連動しているので、腕全体の筋肉の硬さも肩の動きを制限している場合もありますので、まず骨盤を整え原因と思われる部位にも施術の範囲を広げていきます。
慢性期の場合は、まず骨盤を整えその後に肩の動きに関係する筋肉を柔らかくしていきます。緊張している(硬くなっている)筋肉は、強い刺激を与えると、さらに緊張が強くなってしまうので、痛まない(緊張が起きない)範囲で働きかけをして柔軟にしていきます。
四十肩・五十肩の痛みが軽減されてきたら、ご自身でできるセルフケアもお伝えしていきます。セルフケアを行いながら、施術を受けることで、より回復しやすくなります。

powered by crayon(クレヨン)